437怪 河童と龍神

〈 前回のマンガ 〉

<前の話   全話一覧に戻る   次の話>

ようやく、栃木にある妖狐を封印している「殺生石」へと向けて、出発することに…

龍神様の背中に乗って…

いつぞやのように、「ぼうや~良い子だ…」

とか言ってる場合ではない様子です…

黒い粉のせいで、妖怪どもが魔界からうじゃうじゃとでてきており

掃除しながら、空を飛んでいくことに……

江川の河童…かわいそうに…天界から帰ったと思いきや、友のコンコンを助けるために休む間もなく……

妖怪の強さに基準でもあるのか、C級クラスの妖怪でも、河童ではまだまだ勝てないが…

龍神様の強さは…霊界にも感知できない…も~~っと強い妖力の持ち主らしく

その強さ…チートクラス……

 

<前の話   全話一覧に戻る   次の話>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。