435怪 大切なもの

〈 前回のマンガ 〉

<前の話   全話一覧に戻る   次の話>

 

三週間ぶりの投稿です…

行方知らずだった江川の河童が天界から帰ってきて、ひと息とはいかないところに、かなり久しぶりに

キタキツネのコンコンが訪れて「霊界のカラス天狗に妖狐と分離させられた、助けて欲しい」と

やってきたものの…

河童の口から出た一言が波紋となり…

日和の博学なる知識の中からでてきた言葉は

「それが人間達に渡らないように管理する役目もある」

驚愕の言葉と、知らされていない、また、調べるのを禁止されている隠された暗黒史…

そのなかに生きた人物に、音戯一族の祖先がいる?

天界でも

海底でも

出会ったお姫様は

本当におとぎばなしにでてくるような人物だったのかもしれませんね。

 

次の話

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。