432怪 河童と狐

〈 前回のマンガ 〉

前の話   全話一覧に戻る   次の話>

 

前回、霊界へ行ってほしいと日和に何か頼まれごとをされたコンコンだが…

閻魔大王との謁見に「殺す気か」と憤りを感じて、激しく抵抗をするものの…

河童に閻魔大王って、ひとりじゃないのか?と聞かれて、何人もの閻魔大王の職に就く裁判官がいるのを聞いたものの

とりあえず、妖狐探しをしようということになり…

河童が何かを思いついて、コンコンの魂を…

なんと、我が身に入れ…

コンコンならできる九尾の精神と繋がり対話する能力を使い

鬼のギルダが眠る我が身の精神の中へと突き進んでいく……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です