428怪 帰省…④もうひとつの結末

〈 前回のマンガ 〉

 

前の話   全話一覧に戻る   次の話

 

なんと…この妖怪は…

九尾の狐が…暗がりのなかで目を覚ました。

霊界? 裁判所? 小僧…

おかしいですね、依り代にしてた狐の妖怪の本体はどこに…?

小僧…?

さては、なにかやらかして、その霊界ってところの裁判所にいたの…?

本当、河童らダイス!のキャラクターたちはバカばかりして凝りないですねぇ…

ときは、2019年…赤姫をギルダに喰われた鬼丸が怒り出して、河童の中のギルダにあたりはじめて…

とうとうギルダの口から…衝撃の自分の過去を話しながら、赤姫がギルダに喰われる前に地上にバラまいた

黒き種…ダクテリアといった地球外の黒い粉から作られたものによって

地上の生物…人間達を死に至らしめる菌やウイルスへと変貌する可能性があるものだと伝えるが…

ペストやコレラ…感染症の元となる忌まわしき怨念体…

ギルダ達、四兄弟も…このダクテリアの粉を飲んで育ったようです

しかし…なにか、おかしいですね……

江川の河童は、その天界の人間によって石化して地上に戻されたはず……

なにやら、分からない会話をしていますし…眼だとか杖だとか舟だとか…?

鬼丸が使用している道具は、ギルダの持ち物でもなさそうですし…

逆に…世界を救うタイプの道具か乗り物を言っているのでしょうか?

亜空間を裂いて…現れたのは……

冒頭でも述べた裁判所があるのかもしれない…霊界への扉…

というより

ふすま?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です