422怪 混戦の天界大惨事!㊲~海のふしぎ

〈 前回のマンガ 〉

前回の金曜日、体調不良が続いて、休載しておましたが復活しました。

ところ変わって、黄凰の艦隊…UFO…時空乱流に飲まれたものの

無事、生きておりました…

乙姫は鳳凰の朱雀にみせられた記憶を頼りに、叔母を探すことを条件として、黄凰はそれを承諾し

乙姫の身体で、なんらかの人体実験を施すことに…

この黄凰とかいう人物…やり手ですね…

乙姫達の空の里…蓬莱の都を中心とした島々を艦隊に圧縮して救い上げつつも

それを逆手に取り、希少種と言われる卑弥呼の血筋の者達…を

賢いというか…非道というか…

彼らの一族は、一体、大昔に何をやったのでしょうか?

それらの謎もベールに包まれたままですが…

この状況…どう…見れば、よいのでしょうか?

蓬莱の都が…海底に…泡の球体に包まれたかのように解放されて…

これは、まるで…

竜宮城そのもの……

しかも…

滅んだ星の者から託された4匹の赤子……?

ツーノ族?

 

前の話   全話一覧に戻る   次の話>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です