411怪 混戦の天界大惨事!㉖~天界伝説と煙遁の天精

〈 前回のマンガ 〉

 

<前の話   全話一覧に戻る   次の話>

 

天界を覆い隠していたカーテンが消えた…

もちろん、鬼丸が天守玉を壊してしまったためではあるが…

あの二刀流の鬼丸は一体、何をしようとしているのか…

呆然と立ちつくす河童と乙姫と神楽耶の三人…

って、神楽耶姫…一体、何歳なんでしょう…千年以上前の記憶が思い出されて…

天水様とは?

そして、どこからどう見ても、昔の天界で暴れた狒々の妖怪とは…

さらに、神楽耶姫の胸元から出てきた楽器…

どこからどうみても、彼女らが、鬼のオカリナを作り操ったという一族としかみれない節を

天界の戦士の存在が明らかになるものの…

さらに河童の発言によって、時が書き換えなおされていることに気づいた神楽耶のとった行動は…

オカリナを吹き、現れたのは…煙遁を操る「灯の天精」のクルム…

彼の「筋斗雲の術」によって、天界の空を駆け巡る冒険が、今、始まる!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です