372怪 天の川を超えて…⑤ 河童らダイス!

〈 前回のマンガ 〉

大昔の話しですから…今も生きているとは…

卑弥呼=天照大御神と考え出した河童は、なんやら、なにか裏があると睨んでいますが

なんとしてでもこじつけたい様子も否めませんが

そんなとき、取水場のそばに、七夕用の笹の葉なんて昨日あったかと日和に聞きますが

日和 「ずっとありましたよ、あなたが気が付かなかっただけじゃないですか。」

そのとき、なにやら、新しい願い事が書き込まれている短冊を見つけ出した小春…

小春 「姉様、見て、これ珍しいわ、これ、奉書よ

どうやら、奉書というのは、鬼道を扱う陰陽師などが、式神の召喚用などに使うあの人形の紙人形の特別な上質の紙…

河童 「まさしく、神の紙なんだなwww

などと笑い始めますが、なんで、こんなところに、短冊として使われたのでしょうか?

勝手に取り外してしまっていいのでしょうか…?

 

〈 つづく 〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です