358怪 末法に現れし鬼⑱ 河童らダイス!

〈 前回のマンガ 〉

天界行の議論の真っ最中ですが…

千住太郎狸からの一案が出る…

鬼のギルダの封印をさらに強く縛り上げて、河童の幽体だけを起こす…

ん?

幽体離脱したら、幽霊と変わらない存在になって、ある程度の霊力のある者にしか見えなくなるし

ひとつ間違えたら、天界どころか、逆に霊界行き。

千住太郎狸は、あくまで、ギルダを動かさないようにして封印してしまいたい様子…

日和が「時の粉」の空間移動のできる効果に期待したいと

それに対して、千住太郎狸は、あんなバカでかい金額のかかるプレミアもの

船に密航して持ち主と闇取引するようなものだと反論。

小春も、もう神隠しの確率に期待するしかないんじゃないかと割り入ってきたとき

日和 「あ…っ!それだわ!」

年にたった一度しかない7月7日の七夕の日。

七夕の日に何か起こるのでしょうか…?

時の粉 密航 神隠し 船 

そして、七夕

一行の行き先は「天界」

みつかるのか、たどり着けられるのか…

しかし、羽衣を取り戻せられるの?

 

〈 つづく 〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です