351怪 末法に現れし鬼⑪ 河童らダイス!

〈 前回のマンガ 〉

河童に生まれ変わったショックで人の頃の記憶を失ってしまった江川の河童…

そのせいで、自分自身に名前がないこと。

そして、龍神様からの命名の儀でハデに嫌がって名前を貰わずに今日まで至っていること。

河童は記憶喪失になっていること。

あまりに古すぎる話しなので、作者自身も忘れかけておりました。

金長狸 「さては、自分の名前がないこと自体を忘れておったな…」

天界へ行って、名前を司る天使と会うことができれば…

生前、人間だったころの名前を教えてもらえる可能性もある…と。

しかし、本来の目的は『海女の羽衣を取り戻して、竜宮に持ち帰ること』

金長狸様、曰く、「こうでも言わないと、こやつは天界へ行こうとしない。」だそうです。

金長狸様は、天界に行ったことがあるようなもの言いですが…果たして…

 

〈 つづく 〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です