350怪 末法に現れし鬼⑩ 河童らダイス!

〈 前回のマンガ 〉

あらら、邪馬台国が阿波の徳島県…だと思ったのに…

一蹴されて、爆笑し始めた金長狸様

狒々の一族の力を得ていた卑弥呼の父は、人と交わることで、赤姫のような力あるものを生み出すことができた…

が、しかし…

倭国 = 卑弥呼 = 邪馬台国

と、カンタンに重なってくれませんね

果てに、移動する国だったかもしれない…

とか

この倭国に住む人々が自分たちの住む国のことを自ら「邪馬台国」と名乗ったわけではないかもしれない説まで

飛び出してきました。

「邪馬台国」事体が本当にあった国なのかどうか疑わしいところから

断定しないのではなく、しかねるということかもしれませんね…

しかし、金長狸様の喋り方…また、何かを企んでいるようにみえるのは私だけでしょうか?

 

 

〈 つづく 〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です