344怪 末法に現れし鬼④ 河童らダイス!

〈 前回のマンガ 〉

河童が残してしまった鬼のギルダの妖気のかけら…

とんでもないほどの大きな力に、六右衛門狸もタジタジになってしまい…

親子で激迎して沈めてしまおうとするのも…

八十八拳はっぱけん

六十四掌

二乗

四千九十六掌

もの拳圧と掌底が繰り出されるものの

六右衛門狸の掌底を払い退けて、六右衛門の眼帯が斬り飛ばされてしまった

四国一の隻腕の六右衛門狸…右に出るモノはないと言われるほどだったのに…

対する鬼のギルダの妖気のかけらだけなのに、強さの次元が全く違っており…

修行中のはずが、師達の絶体絶命の危機…

助かる見込みはあるのか…

 

〈 つづく 〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です