328怪 京都へ…⑦ 河童らダイス!

〈 前回のマンガ 〉

ああ、一歩、遅かった様子…

下級の鬼やら妖怪達の死骸がゴロゴロと出てしまい…

虎之助は、侍なのにあまり、血には馴れてないみたいですね

いつぞや、歴史に関わってしまったのでないか…と、勝手に妄想していた時も吐いていましたね。

と…黒い影が動いた…

山川 「オレだよ…やつめ、一切の物理法則を無視して突然、亜空間から…攻めてきた…」

虎之助 「久しぶりだな…お前だったか…無事でよかった。」

〈 つづく 〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です