325怪 京都へ…④ 河童らダイス!

〈 前回のマンガ 〉

ここ、京都にある廬山寺。

ここは、かつて、紫式部が源氏物語を生み出し、過ごした邸宅とも云われており

また、節分の日に邪気払いといった「追儺式鬼法楽」と呼ばれる「鬼おどり」を行う場所。

邪気を払ったのち、鬼たちによる鬼おどりやいろんなイベントを行っている一風、変わったお寺。

どうやら、黒炎丸は、邪気を払い、妖力を一度失った後なら、普通に食事ができると考えてやってきたようだ。

当時の部下たちが居候をしているのを風のうわさで聞きつけて…

妖力に変換される前の邪気を払い落せば、ただの妖怪に逆戻りし、人を食わずとも普通の食事で生きてはいける。

二度と、妖力を鍛え上げることができなくなる。

それ以上の強さを手に入れることはできなくなるのを引き換えに…

ただ数珠を見ただけで、その場に倒れこんでしまいました…

どうやら、鬼や妖怪のあいだで、「曼陀」と呼ばれ、人からは「黒炎丸」と呼ばれている様子ですね。

しかし…

どこか影から、この場を見てているモノがいて…

〈 つづく 〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です