河童の響吉

三好市の山城町の奥地にある「ドロメキ渕」に棲む河童。

かなりのイタズラ好きだが、遊んでもらえないさみしさからのもので、響吉本人には、ほとんど悪さをしている自覚はなく、周りの妖怪たちを困らせてしまっているため、よけいにタチが悪いが、完全に悪いやつではなく、世間を知らないだけ。

よく、大歩危付近で、魚を釣りながら、自作の「つれたか節」をうたいながら、釣りをして遊んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です