アキアカネのあかね

アキアカネのトンボ一族の三女、あかね。

ただの大喰らいかと思いきや、その量は成人男性10人以上の体積分を喰らい、いつも、河童の財布を破壊していく。

あかねが食べる食事分は、秋音やかえで、もみじの妖力や活力となり、他のアキアカネの養分となったり、死にそうな生き物への妖力を体力へと変換して生きる力を分け与えるためのものであり、河童は規格外とのことらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です